みなさん仕事などで激しいストレスに襲われることはありますか?

ストレスは必ずしも悪いものではありません。短期間の適度なストレスであれば、あなたのモチベーションをあげ、仕事や勉強に対して取り組む手助けをしてくれます。

しかし、これが当てはまるのは「適度なストレス」です。

今回は「激しいストレス」に襲われた時に、効果のある「ボックス・ブリージング」というテクニックを紹介します。

ボックス・ブリージングは現役のグリーンベレー隊員なども、戦場でギリギリのストレスに襲われた時の対策にも使っています。
生きるか死ぬかのストレスで効果を発揮しているのですから、期待は大きいです。

やり方はとても簡単なので、ぜひ激しいストレスを感じた時に試してみてください。

スポンサーリンク

ボックス・ブリージングのやり方

さっそくやり方を紹介します。

  1. 口を閉じ、鼻から4秒かけて息を吸う
  2. 4秒間息を止める
  3. 4秒かけて口から息を吐き出す
  4. 4秒間息を止める

以上をワンセットとして、気持ちが落ち着くまで繰り返してください。

効果は抜群

やり方はかなり簡単なのですが、科学的にも効果が認められた呼吸法です。

軍隊のほかにも、消防士や警察官などでも実践されています。

現役グリーンベレー隊員のマーク・ミラーさんは「ボックス・ブリージング」について次のようにコメントしています。

緊急時における、人体の反応を理解することが重要です。
私たちの体の中では、潜在意識レベルで発生する多くの精神と身体の反応が起こっています。最初はその反応を自分の意識ではコントロールできるのもではありません。
しかし、役に立たない反応をトレーニングで和らげていけば、やがて致命的な脅威にうまく対応できるようになります。
私も軍隊でトレーニングをしてきましたが、ボックス・ブリージングによって、実際の緊急時にも身体のコントロールを突り戻すことができました。

緊張やストレスでで体が震えたり、固まったり、喉が乾いたりなど、過度なストレスで様々な身体の反応が起こります。

そういった状況で「ボックス・ブリージング」を使えば、自然と最適なレベルに身体のリズムが落ち着いてくれます。

ストレス社会と呼ばる現在では、強いストレスを感じることも多くあると思います。
ストレスに直面するプロたちが、実践して効果を感じているのですから、確実に試す価値はあるはずです。

激しいストレスに直面した時は、この方法を思い出して試してみてください。

きっと効果を実感することができるでしょう。

おすすめの記事