女性とのデートで、女性が服を選ぶ時に「こっちとこっち、どっちがいいと思う?」と質問されることはよくあると思います。

男性はその時、どう答えたらいいのか困りませんか?また、どう対応すれば良いのか知りたい、と思いませんか?

本記事では、女性に「どっちがいい?」と聞かれた時にやってはいけない解答例、そもそもなぜ女性は聞くのか、うまく切り抜ける方法、について解説していきます。

スポンサーリンク

やってはいけない地雷回答の例

まずは先に、やってはいけない回答の例を見て行きましょう。

どっちもいいと思うよ

こう言うと大体、「私はこっちがいいと思ったんだけどな...」とか言われたりしてしいます。

すると男性はじゃあ聞くなよ、とムッとしてしまい、雰囲気が悪くなってしまう可能性があります。

こっちの方がいいよ

男性からすると素直に意見を述べているのだから何も悪いことはないとい思いますよね。

しかし断言してしまうと、女性の中でこっちと決まっている場合に、違う方を言ってしまうリスクがあります。

どっちでもいい

これは絶対に言ってはいけない言葉ですね。

女性からしたら、どうでもいいと言われているように感じてしまいます。
関心を持たれなかったら、悲しいし落ち込みますよね。

そもそも、なぜ女性は「どっちがいい?」と聞くのか

男性たちは困ってしまうこの質問、なぜ女性たちはするのでしょうか。理由を見ていきます。

どちらがいいかは大体決まっているが背中を押してほしい

決まってるなら聞くなよ。と男性は思うかもしれませんが、そこはぐっとこらえて女性心理を理解してあげましょう。

女性は自分で決めたことが間違っていないか、あなたに確認をとって安心したいのです。そして背中を押してほしいのです。

女性は一緒にやっていく、共感や同調がほしい

男性は論理的な思考が強く、結果に注目するので、自分に興味の無いものは自分が選ぶよりも、相手が決めた方がいいんじゃないか、と考えます。

しかし女性は共同意識を大切にしますので、一緒に選び、一緒に行動する生き物なんだと理解しておきましょう。

うまく切り抜ける方法

答え方によっては気まずくなったり、ケンカになってしまう、この過酷な質問。

うまく切り抜ける方法を3つほど紹介します。

相手の表情を見て答える

一番おすすめなのが”相手の表情を見る”です。

女性は大抵の場合、聞く前から自分の中でどちらか決まっている場合が多いです。
相手の表情を見て、それを当てることができれば問題ありませんよね。

「どっちがいい?」と聞かれたら、あなたは「パッと見た感じだとこっちかな...?」と曖昧に答えます。

その瞬間に相手の表情を見ましょう。

口を不満そうにぎゅっと結んだり、口角が下がったり、視線が下がり不満げな表情をしたり、目を開き驚きの表情を浮かべたら、すぐに「でも、きみに似合うのはこっちかな」と逆を指してにっこりしてください。

少し強引だと思うかもしれませんが、女性も自分の思いが伝わればいいなと思っているはずです。

質問に質問で返す

「君は直感でいうとどっちがいいと思った?」などと、質問に質問で返してみましょう。

あとは、相手がいったことを肯定しつつ同調していけばOKです。

女性は正解を求めているのではなく、自分の意見に同調してほしい、という感情を持っています。

それぞれの良い点をあげる

「こっちの服は色が華やかで可愛いけど、こっちはシルエットが綺麗でいいね」などとそれぞれの良い点をあげましょう。

否定的な言葉を言うのは、相手が心の中で決めていた方のセンスを否定してしまう可能性があるので避けましょう。

 

男性からしたら、女性心理を理解するのは難しく思うかもしれません。

しかし、このように女性心理を少しでも知っていれば、理解できずにムッとすることも少なくなりますし、女性に不快な思いをさせることも少なくなると思います。

それではまた。

おすすめの記事