暗闇効果 心理学

いま気になる人がいてデートに誘いたいけど、どこでデートしよう。と考えている人は「暗闇効果」が使えるスポットを選ぶことで、相手とより親密に、より深い仲へ、もしかしたら落とせるかもしれません。

また、好きな人でなくてもワンナイトを狙っている人なんかも、存分につえるテクニックです。

本記事は心理学の実験で発見された「暗闇効果」とはどんなものなのか、それを恋愛に生かすための方法を解説していきます。

スポンサーリンク

暗闇効果とは?

暗闇効果とは、明るいところに比べて暗いところでは人の心理や行動が変わり、異性の仲が深まりやすくなる効果のことです。

恋愛テクニックの中では暗闇効果は有名であり、効果も抜群なのです。

これはアメリカの心理学者、ケネス・J・ガーゲンが行なった実験で明らかになっています。どのような実験だったのかみていきましょう。

ガーゲンの実験

ガーゲンは、このような方法で実験を行なっています。

面識がない男女6名のグループを2組つくり、ひとつは明るい部屋、もうひとつは暗いへやで過ごさせて、その様子を観察しました。明るい部屋と暗い部屋で、男女のコミュニケーションに違いがあるかを調べたのです。

その結果、2つのグループには大きな違いがあらわれました。

明るい部屋では

  • 同性同士で固まりやすい
  • 席の移動はなかった
  • 当たりさわりのない会話
  • 1メートルほどのやや距離をとった状態を維持

いっぽう暗い部屋のグループでは

  • 話題がなくなると席を移動しはじめた
  • 異性同士でペアになる
  • 個人的な内容の親密な会話になる
  • どんどん距離が近づき、抱きつくなどのスキンシップが行われる

ふたつのグループには、明らかな差がありますよね。

さらに、本来この実験は1時間を予定されていたそうですが、スキンシップが激しくなりすぎて途中で中断されたほどです。暗闇エロすぎです。恐るべし暗闇効果。

なぜこのようなことが起きる?

暗闇という状況で人は不安を感じ、誰かに寄り添いたい、触れたいという欲求が強くなることが原因のひとつだと考えられます。さらに、自分の外見が相手から見えづらくなりますから、自分のルックスの欠点を気にすることがなくなり、開放的な気分にもなることも原因です。

恋愛のテクニックとして使うには?

ガーゲンの実験では、暗い部屋は本当に真っ暗でした。しかし恋愛のテクニックとして使うときは、真っ暗でなくても大丈夫です。薄暗いところでも効果はあるので安心してください。

例を挙げていきます。

薄暗いBAR

1軒目、2軒目でほどよくお酒を飲んだあとは、薄暗いバーに入ってお酒を飲みながら、おなはしをするのが良いでしょう。できればカウンターがいいですね。暗闇効果&ほどよい騒音(周りの客の声やBGM)のおかげで、お互いの距離も近くなります。耳を近づけなければ声が聞き取りづらいですからね。

薄暗いこともあって、相手の表情も読み取りづらくるので、無駄に相手の表情を読んで緊張することもなくなりますし、ルックスの欠点も気にならなくなるので、相手も開放的な気分になってくれます。

さらに程よいお酒が入っていると人は、相手の顔をイケメン、可愛い顔、と認識しやすくなることもわかっています。人は左右対称の顔に魅力を感じるようにできているのですが、お酒に酔うと顔の左右非対称を判断する能力が落ちて、左右対称に見えるようになり魅力的な顔に見えるのです。

カラオケ

カラオケに入る場合は部屋の照明は暗め、もしくは消していましましょう。ただ、それまでに親密になっていないうちから密室だと、余計な緊張や警戒心をあたえてしまうことがあるので、仲良くなってからが良いかもしれませんね。

花火大会や祭り

花火大会や祭りなど、夜の行事も暗闇効果をつかうチャンスです。人混み&暗闇効果でお互いに寄り添いたい、触れていたい欲求はかなり高まります。手をつなぐのも自然と行うことができるでしょう。

暗闇でもうひとつの嬉しい効果

暗いところで人は瞳孔(ひとみ)が開きます。瞳孔が開くことによって、あなたの目は黒目がちになり、キラキラと光り魅力的な目になるのです。すると相手から見たあなたは、普段よりも確実に魅力度が高い状態となっています。

さらに重要なのが、相手の瞳孔を開かせるということ

人は好きな人やものを見たり、性的に興奮すると瞳孔が開きます。そして人は、体と心の反応がどちらが作用しているのかあまり区別がつきません。

どういうことかというと「好きな人を見ているから瞳孔が開いている」のか「暗闇だから瞳孔が開いている」のか、あまり区別がつかずに「瞳孔が開いているということは、私はこの人のことを好きなのかも」と脳が勝手に錯覚してしまうのです。実際は暗闇による瞳孔の開きであってもです。

口説くのに最高の時間

夕方からの薄暗くなってくる時間帯は、口説くのに最高の時間となります。

上で紹介した「暗闇効果」を使いやすくなるのに合わせて、「黄昏効果」という効果も活用することができます。

黄昏効果とは、夕方の薄暗くなる時間帯に人は判断能力などの、さまざまな能力が下がることをいいます。夕方に交通事故が多くなるのも、この黄昏効果が原因のひとつです。これは暗さというより、時間帯が影響をおよぼしていると言った方が正しいのかもしれません。

大衆の心理をあやつる天才ヒトラーも、この効果をつかって人々を洗脳しています。ヒトラーは、人の判断能力が下がり洗脳されやすい状態になっている「夕方」に演説を行なっていました。

あなたが気になる人を口説くときも、相手の判断能力やもろもろの能力が下がっている夕方以降だと、成功する確率は上がります。

デートに誘うときも、午前中に誘うよりも仕事が終わったくらいの薄暗いときに誘う方が、断然成功率は上がるのです。

最後に

いかがでしょうか。
洗脳したり、無理やり暗がりに連れ込むようなことはもちろんしてはいけませんが、好きな人を落としたり、スマートにワンナイトへ持っていくには持ってこいテクニックです。

あなた自身のこれからにも役立つと思います。デートのことで悩んでいる友達にも教えてあげてみてくださいね。

おすすめの記事